男子予選リーグ2回戦・トヨタ紡織九州-大同特殊鋼 前半、シュートを決めるトヨタ紡織九州の田中大斗=山形県の東根市民体育館(提供はスポーツイベント・ハンドボール)

 高松宮記念杯第6回全日本社会人ハンドボール選手権大会第2日は1日、山形県の東根市民体育館などであり、県勢のトヨタ紡織九州は男子予選トーナメント2回戦で大同特殊鋼(愛知県)に28-35で惜敗、5~8位決定トーナメントに回った。

 トヨタ紡織九州は前半を9-17で折り返すと、後半は守備陣形を変えて対抗。RW荒川蔵人、LW梅本貴朗の得点などで一時は2点差まで追い上げたが、前半の失点が響き逆転できなかった。

 第3日は同体育館などであり、トヨタ紡織九州は5~8位決定トーナメント1回戦で豊田合成(愛知県)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加