■子育て世代の自主活動を

 子育て世代のお母さんたちを中心に、さまざまな人たちが自分の気持ちを言える場をつくろうと2014年4月から月に1回、「しゃべり場」を開いています。

 私は大阪府出身で、基山に来て7年目になります。大阪で子育てをしていた時に、地域の公民館が社会教育や親子サークルなどの活動の場になっていました。そこで強く感じたのが、自主性を持って社会と関わることの大切さでした。

 子育てをすると、それまで当たり前にできていたことができなくなる。妥協や我慢の連続です。お母さんたちのエネルギーを健全に使うためにも、中心になれる場や自ら動く目的を持つことが必要だと思います。社会の一員であるという実感で不安をぬぐい、社会復帰のハードルも下がるのではないでしょうか。

 移り住んだ私でも、町は手を差し伸べてくれて、活動を応援してもらっています。そういうおおらかな面がとても好きで、可能性を感じます。自主活動を活発にするきっかけづくりを、続けていきたいです。(基山町けやき台)

このエントリーをはてなブックマークに追加