トヨタ紡織九州、今季初勝利目指す

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、リーグ戦第5週の23、24日、北陸電力(福井県)、豊田合成(愛知県)と対戦する。チームはここまで1分け3敗で暫定8位。今季初の連戦で勝利を挙げ、チームに勢いをつけたい。

 北陸電力は4敗の暫定9位。トヨタ紡織九州にとって昨季2戦2勝した相手だが、新戦力の加入もあって5月の社会人選手権では強豪の湧永製薬(広島県)に勝利しており、油断はできない。

 21日の練習では、ボールをチーム全員で回しながら相手ゴールに迫るセットオフェンスを確認。CB津山弘也を起点とした素早いパス回しから、LB田中大斗やRB松浦慶介らが力強いシュートを放った。石黒将之監督は「攻撃の精度がポイントになる。勝利で自信を取り戻したい」と闘志を燃やす。

 北陸電力戦は23日午後3時から、福井県の北陸電力福井体育館フレアで。豊田合成戦は24日午後3時半から愛知県の豊田合成アリーナである。

このエントリーをはてなブックマークに追加