サガン、あす敵地で浦和戦

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第27節の23日午後4時から、さいたま市の埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦する。浦和を勝ち点3差で追う鳥栖。得失点差が大きく、順位交代は難しい状況だが、勝っていい流れをつくりたい。

 鳥栖は通算成績10勝7分け9敗(勝ち点37)の9位。前節は甲府に先制を許したが、DF鄭昇〓(火ヘンに玄)(チョン・スンヒョン)、終了間際のDF金敏〓(火ヘンに赫)(キム・ミンヒョク)のJリーグ初得点で今季初の逆転勝ちを収めた。

 ただ、仙台、甲府と2試合続けて前半10分前後に失点しており、MF高橋は「試合の入り方を修正しないといけない」と気を引き締める。

 浦和は12勝4分け10敗(勝ち点40)の8位。前節・磐田戦は先制を許したものの、後半にFW興梠のゴールで引き分けに持ち込んだ。17得点で得点ランキングトップを走る興梠には要注意。ペトロビッチ監督が解任され、堀孝史コーチが昇格して出場機会を得ている選手もおり、MF福田は「チーム内での競争も生まれている」と分析する。

 累積警告で出場できないDF吉田に代わって左サイドでの起用が予想されるDF三丸は「1対1での攻防がそのまま結果につながる。気持ちで負けず、思い切りプレーする」と意気込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加