スズキは21日、フロントワイパーが作動しなくなる恐れがあるとして「アルト」と、マツダブランドで生産した「キャロル」の2車種計26万5008台(2009年12月~12年12月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、フロントワイパーを動かすモーターの防水構造が不適切で、浸入した水で部品が腐食してワイパーが動かなくなる恐れがあるという。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加