「九州郷土料理 わらび」で開かれる「鹿島フェア」をPRする鹿島市産業部産業支援課職員=鹿島市役所

 鹿島市の6酒蔵の日本酒や有明海の食材を楽しむことができる「鹿島フェア」が3日から28日まで、福岡県福岡市の「九州郷土料理 わらび」で開催される。鹿島市産業支援課は「六つの酒蔵が一つの店でそろって飲むことができるのはめったにないこと。有明海の海産物も併せて楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 店はJR博多駅博多口から徒歩6分。フェア期間は、鹿島市の六つの酒蔵から約20種類の酒(1杯200円~)を味わうことができるほか、「ムツゴロウの甘露煮」や「ワラスボの素揚げ」、「鹿島野菜のシシリアンライス」など有明海や鹿島市の特産物を食べることができる。また、「稲荷ようかん」「有明のり」の販売も行われる。

 フェアは平日午後5時から午前0時、土日祝日は午後5時から同10時までそれぞれ開催。フェアについての問い合わせは同課、電話0954(63)3411。予約は「九州郷土料理 わらび」、電話092(481)1265。

このエントリーをはてなブックマークに追加