色鮮やかな「ビーツ」(左)と独特の風味のある「セロリアック」(右)

 神埼郡吉野ケ里町の井手食品(鶴賢一郎社長)が、地元産の珍しい野菜を使ったドレッシングを発売した。ロシア料理・ボルシチに使われる「ビーツ」と、セロリの変種「セロリアック」の2種類。ビーツは鮮やかな赤紫色で、甘酸っぱい風味がサラダやパスタによく合う。セロリアックは独特の香りがあり肉魚料理のソースに最適。同店やネット通販で購入できる。各130グラム入りで560円(税別)。問い合わせは同社、電話0952(52)2372。

このエントリーをはてなブックマークに追加