マックスバリュ九州傘下のクリエイト(杵島郡白石町)が運営していた食品スーパー「旬鮮市場」の鳥栖店など4店舗が3日から、ディスカウント店「ザ・ビッグ」に業態転換する。

 転換するのは、旬鮮市場の鳥栖、中原、江北の3店と「サンパーク」(白石町)。鳥栖店は3日から、他の3店舗は10月以降に順次、ザ・ビッグに切り替わる。

 ディスカウント店やドラッグストアとの価格競争が激化しており、グループ店との共同仕入れなどでコストを削減し、低価格路線で対応する。市場から直接、生鮮を安く仕入れるクリエイトのノウハウを残しつつ、加工品や日用品は「現状より1割程度安くできる」としている。

 マックスバリュ九州は1日付でクリエイトを吸収合併。旬鮮市場の残り2店舗は7月末までに閉店している。

このエントリーをはてなブックマークに追加