大窯の中は無料喫茶スペースとなっており、独特な風情の中で多くの来場者が涼んでいた=嬉野市の志田焼の里博物館

 嬉野市の「志田焼の里博物館」の春祭りが開かれている。初日の3日はバンド演奏や焼き物体験、ピザ作り体験などがあり、ほのぼのとした陽気の中、多くの家族連れでにぎわった。5日まで。

 同博物館は昭和末期まで操業していた陶磁器工場をそのまま保存しており、日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前」の構成文化財にも認定されている。日本最大級の大窯は期間中、無料の喫茶スペースとなっており、独特な雰囲気の中で涼みながらコーヒーやジュースを楽しめる。

 ピザ作り体験もでき、近くから来たという糸山蓮勇(れんゆう)ちゃん(4)椋晴(りょうせい)ちゃん(2)兄弟は「楽しかった。おうちでも料理のお手伝いをしてるから、おいしそうにできたよ」と満足げだった。

 フリーマーケットや先着した来場者への花苗プレゼントもある。開館時間は午前9時から午後4時。問い合わせは同館、電話0954(66)4640へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加