佐賀新聞社が年間を通じて、県内の小学6年生の夢を紹介する企画「ボクの夢 私の夢」。2016年度に掲載した児童(04年度生まれ)7803人のうち、最も多かった名前は「凜」で39人だった。

 2位以下は、美咲(31人・前年度1位)▽颯太(29人・同27位)▽陽菜(26人・同21位)▽大翔(24人・同9位)▽蓮(24人・同3位)▽美月(23人・同5位)▽さくら(21人・同なし)▽葵(20人・同14位)▽美羽(20人・同なし)が続いた。

 名前の読み方では1位「ゆうと」88人、2位「ゆうき」68人、3位以降は「はると」65人▽「そうた」64人▽「こうき」「はるか」「りん」59人となった。

 昨年度1位だった美咲は2位に落ちたが人気を維持。昨年度は一人もいなかった「さくら」が8位にランクインしている。2003年発売の「さくら(独唱)」(森山直太朗)のロングヒットや04年のオリコンランキングでは河口恭吾の「桜」が9位を獲得し、女子プロゴルファー・横峯さくらのプロデビューイヤーであることが、人気の理由だとうかがえる。

 また、名前の読みでは「ゆう」が入る名前が多く見られ、その中でも「優」や「悠」の漢字が多く使われていた。同年代にはテレビドラマ「マルモのおきて」で共演した芦田愛菜さんと鈴木福さん、フィギュアスケートの本田望結さん、タレントの谷花音など。

 掲載したのは、県内の小学校165校280クラスの7803人。子どもたちは04年4月2日~05年4月1日に生まれている。男女別の集計はしていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加