黒澤明監督の映画「どん底」(1957年公開)は江戸のころ、貧しい長屋に身を寄せる住人のさまざまな人間模様を描いた時代劇である。落ちぶれた旗本や遊び人、飴(あめ)売り、職人とその寝たきりの妻、泥棒…。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加