新緑に包まれた川上峡で色とりどりのこいのぼりが風に揺れる=4日午前、佐賀市大和町

 きょう5日は「こどもの日」で、二十四節気の一つ「立夏」を迎える。暦の上では夏の始まり。大型連休中の県内は行楽日和が続き、4日の佐賀市は最高気温が28・2度まで上がり、6月下旬並みの陽気となった。

 約300匹のこいのぼりが風に揺れる佐賀市大和町の川上峡では多くの家族連れが訪れ、人気の観光屋形船には朝から順番待ちの行列ができた。乗船した子どもたちは「手が届きそう」と青空を泳ぐこいのぼりに歓声を上げていた。

 大型連休も残り3日。佐賀地方気象台によると、5日も4日並みに気温が高くなるものの雲が広がり、夜から6日にかけて天気が崩れると予報している。

このエントリーをはてなブックマークに追加