早実の清宮、プロ志望表明

 高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を放った東京・早実高の清宮幸太郎(18)が22日、東京都内で記者会見し、プロ志望を表明した。「次の大きな夢に挑戦することを決めた。プロの厳しさは理解しているつもり。目の前の目標を一つ一つクリアしていきたい」と話した。

 清宮はリトルリーグ時代に世界大会で優勝し、早実高1年の夏の甲子園大会で2本塁打を放って4強入りに貢献した。ことしの春の選抜大会は2回戦敗退。夏は西東京大会決勝で敗れて甲子園大会出場を逃したが、U―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)代表に選ばれ、これまでの最多とされた107本を更新した。

このエントリーをはてなブックマークに追加