自由曲部門に出場した小学6年生=佐賀市白山のエスプラッツホール

■16コースに240組出場

 第5回九州新聞社ピアノコンクールの佐賀・長崎1次予選が26、27の両日、佐賀市白山のエスプラッツホールで開かれた。2歳から一般までの16コースに約240組が出場し、練習の成果を披露した。

 自由曲部門のグランプリの中から最高得点者に授与する実行委員会委員長賞は、小学1・2年の部の田中悠介さん(多久市・東原庠舎中央校前期課程2年)と、同5・6年の部の先立有佐さん(福岡市・三宅小6年)が輝いた。

 2次予選は12月16、17の両日に同ホールで、本選は来年2月に福岡市で開く。本選では人気ピアニストの横山幸雄氏がゲスト審査員を務める。

 その他のグランプリは次の通り。

 【課題曲部門】2歳 渡辺歩花(佐賀市)▽幼児A 小出理央(佐賀市・あかつき保)古賀希(小城市・小城ルーテルこども園)▽幼児B 甘利夏乙(佐賀市・龍谷こども園)野中琳介(同・佐賀カトリック幼)▽小学1・2年 奥園真子(佐賀市・東与賀2)金矢美桜(同・開成1)▽同3・4年 松本萌花(鹿島市・古枝4)▽同5・6年 藤井智奈(武雄市・武雄6)

 【自由曲部門】小学3・4年 下岸知花(鳥栖市・弥生が丘4)谷川豊佳(大分市・長浜4)富永ありさ(柳川市・城内4)▽中学 安座間明日香(佐賀市・鍋島2)▽高校 田村捺実(宗像市・宗像3)土橋佳奈(多久市・致遠館2)

 【デュオ部門】デュオA 廣田帆栞(日田市・若宮小1)・羽田朱璃七(同・高瀬小1)▽デュオB 小笹千尋(福岡市・原北小3)・小笹芭奈(同・同6)▽デュオC 納富ゆい(宗像市・福岡教育大2)・中村英莉子(同・同3)

このエントリーをはてなブックマークに追加