ピザの生地に思い思いのトッピングを施す子どもたち=みやき町の子育て応援広場「ティアラ」

◆好きな具材のせて舌鼓

 夏休み親子ピザ作り体験会が8月26日、みやき町市武の子育て応援広場「ティアラ」であった。幼児や小学生と保護者、地域住民約70人が参加。トマトやマシュマロなどのトッピングを施したオリジナルピザに舌鼓を打った。

 子どもたちは小麦粉で作った生地の上に、ブルーベリーやバナナ、アスパラガスなどを盛りつけ、ドラム缶を加工した特製のかまどで焼き上げた。かまどに火を付ける作業も体験。地域のおじちゃんに教わりながらまきをくべ、火の怖さや適切な扱い方も習った。

 子ども3人と参加した松本弓恵さん(29)=みやき町=は「ドラム缶でピザを焼くなんて初めて。いろんな人が具材を持ち寄ってくれたので、新しい組み合わせも楽しめた」と満足げに話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加