JR九州の青柳俊彦社長は28日の定例会見で、九州新幹線長崎ルートについて「全線フル規格化、ミニ新幹線がいくらかという具体的な試算はしていない」と述べつつ、今後、準備を進めていく方針を示した。

 フリーゲージトレイン(FGT、軌間可変電車)に代わる方式としてフル規格化、在来線のレール幅を広げるミニ新幹線が浮上している。青柳社長は、与党検討委員会の分科会が早期に開かれることを求めながら「今後、議論が始まっていけば(それぞれの試算などを)準備していかなければならない。勉強はスタートしている」と説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加