生け花体験をする参加者=佐賀商工ビル内の市民活動プラザ

 市民活動を身近に感じ、施設を活用してもらおうと佐賀市は8月28日、同市の佐賀商工ビル内にある市民活動プラザで「さがんなかまつり」を開いた。市民活動を行う各団体が体験コーナーやステージを設け、訪れた幅広い世代に活動紹介した。

 市民活動をサポートする同プラザに利用登録している15団体が、生け花や手芸、お茶会など11の体験コーナーを設け、ステージでラテンダンスなどを披露した。

 母親と訪れた吉原いちかちゃん(4)は「生け花が楽しかった」と笑顔を見せ、弟の慶一君(2)は「野菜のスタンプを使ったバッグ作りが楽しかった」と話していた。

 イベントは今年で3回目。市民活動プラザは市民団体の活動支援のほか、会議スペースの貸し出しや各種助成金の情報提供を行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加