連合佐賀の佐賀県中央総決起集会で、春闘要求の実現に向けて気勢を上げた参加者=佐賀市の市役所南側公園

 地場中小労働組合の春闘交渉の本格化を前に、連合佐賀は4日、佐賀市役所南側公園で佐賀県中央総決起集会を開いた。加盟労組の組合員や家族ら約900人が参加、賃金アップや労働環境の改善に向け、団結して取り組む機運を高めた。

 連合佐賀の青柳直会長が「働く全て人の生活を底上げさせる闘いで、粘り強く交渉することが重要になる」と呼び掛けた。長時間労働の撲滅に加え、賃金の底上げや底支え、格差是正の実現などを盛り込んだ大会アピールを採択した。

 連合佐賀は今春闘の賃上げ要求水準をベースアップ(ベア)と定昇を合わせて4%程度とし、中小労組は1万500円以上を目標に要求する。労働時間管理の徹底や、育児や介護と仕事が両立できる職場環境づくりも推し進める。

 参加者は要求の実現に向けて「ガンバロー」と三唱した後、街宣車を先頭にシュプレヒコールを上げながら佐賀中央郵便局前まで行進した。

このエントリーをはてなブックマークに追加