年間最高勝率を峰達郎市長(右)に報告するボートレーサーの峰竜太選手=唐津市役所

 日本モーターボート選手会佐賀支部に所属する峰竜太選手(31)が3日、唐津市役所を訪れ、全国約1600人のボートレーサーの中で年間最高勝率に輝いたことを峰達郎市長に報告した。

 峰選手が最高勝率選手になるのは2年連続。人気と実力を兼ね備え、“水もしたたるいい男”をイメージした、ボートレースからつの「濡(ぬ)れ男(だん)」ポスターにも起用された。

 G1で4度の優勝経験はあるが、最高峰のSGタイトルは手にしたことがなく、峰選手は「2年連続(最高勝率)はおまけ。周りの期待でプレッシャーもあるが、今年はSGのタイトルを取りたい」と意気込みを語った。峰市長は「SGを必ず取って『日本の峰竜太』と言われるようになってほしい」と激励した。

 峰市長は峰選手の父親といとこで、二人は親戚関係。会談では峰選手が「“達郎さん”にこんな所で会えるとは」とはにかみ、峰市長に対して「(当選)おめでとう」と逆に祝福する場面もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加