佐賀大医学部附属病院の感染制御部が、薬剤が効かない細菌の発生を防ぐ取り組みで、厚生労働大臣賞を受賞した。専門的な知識を持つ医師の育成や、耐性菌の発生につながる抗菌薬の使用を抑える体制が評価された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加