強い台風12号は3日、九州南部の西海上を北上し、九州南部が暴風域に入った。強い勢力のまま4日から5日にかけて九州北部に接近し、上陸する恐れがある。気象庁は西日本を中心に暴風に厳重に警戒し、高波や大雨による土砂災害、河川の増水にも注意するよう呼び掛けた。

 鹿児島県十島村では3日午後2時半ごろまでの1時間に129・5ミリの猛烈な雨となった。気象庁は「十島村では、50年に1度の記録的な大雨となっている」としている。

 台風12号は3日午後10時現在、鹿児島県枕崎市の南南西約80キロを時速約10キロで北へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径40キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。

 4日にかけて予想される最大風速は九州南部、九州北部が35メートル。

 台風の接近に伴って九州南部で4日夜遅くにかけ、九州北部では4日昼すぎから5日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的に80ミリ以上の猛烈な雨の降る所がある。5日午前0時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で九州南部250ミリ、九州北部、四国、東海150ミリ。

このエントリーをはてなブックマークに追加