九州ジュニア体重別柔道選手権で優勝した男子55㌔級の吉本聖那(佐賀工高、左)と女子63㌔級の大石野乃(小城高)=福岡武道館

 九州ジュニア柔道体重別選手権大会は2日、福岡市の福岡武道館で男女各8階級があった。佐賀県勢は男子55キロ級の吉本聖那(佐賀工高)と女子63キロ級の大石野乃(小城)が優勝。男子73キロ級の川添晃毅(佐賀商高)が3位入賞した。吉本と大石は9月に埼玉県である全国大会に出場する。

 =県勢の上位成績=

 【男子】55キロ級準決勝 吉本(佐賀工高)=一本背負い投げ=海老原(宮崎・延岡学園高)

 ▽同決勝

吉本 聖那 一本背 佐藤 史都(大分・USA小倉塾)

      負い投 

      げ

 ▽66キロ級準決勝 清家(鹿屋体大)=優勢=中島淳(鳥栖工高)▽同3位決定戦 本松(大分・柳ケ浦高)=腕ひしぎ十字固め=中島淳▽73キロ級準決勝 福岡(福岡大)=内股=川添(佐賀商高)▽同3位決定戦 吉元(延岡学園高)=優勢=川添

 【女子】63キロ級準決勝 大石(小城高)=後ろ袈裟固め=塔本(鹿屋体大)

 ▽同決勝

大石 野乃 腕ひし 伊藤 友希(鹿屋体大)

      ぎ十字

      固め 

このエントリーをはてなブックマークに追加