天山アートフェスタ

 「第16回天山アートフェスタin小城」が、小城市小城町の小柳酒造の酒蔵で開かれている。書や油彩画など江戸時代から現代までの小城ゆかりの作家42人の作品を並べている。24日まで。

 小城での芸術活動を支援しているNPO法人「天山ものづくり塾」が主催。鍋島直虎や富岡敬明ら幕末の小城藩関係者の書や、戦後県内画壇をリードした村岡平蔵や北嶋兵一らの洋画など、個人所有の美術作品を借り受け展示している。

 日本で初めて社会学の体系を打ち出した高田保馬博士が81歳のとき、すすきが広がる大地の壮観さをしたためた調和体の書も紹介されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加