京都フローラ-兵庫ディオーネ 京都フローラ5回表2死走者なし、1番橋本ひかり選手(右)が中前打を放つ=唐津市野球場

県内初開催の女子プロ野球は約600人が観戦した。生還して仲間と喜び合う京都フローラの1番橋本ひかり選手(右)

 県内初開催となる女子プロ野球の公式戦が3日、唐津市野球場で開かれた。選手たちは鍛えられたプレーを披露し、約600人が真剣勝負を観戦した。4日も予定通り午後1時から1試合開かれる。

 公式戦は女子プロ野球リーグの全3チームによる総当たり戦で、初日は2試合開催。京都フローラと兵庫ディオーネの試合は、京都フローラが橋本ひかり選手(26)=熊本市出身=の4安打4打点の猛打賞の活躍などで終盤に逆転し、9-1で大勝した。

 少年野球チーム「呼子シールス」の女子選手5人と初観戦した三浦千莉さん=呼子小4年=は「盗塁とかすごかった。私も上手になりたい」と話していた。

 試合後は野球教室があり、県内初の女子プロ選手・大串桃香選手(18)=白石町出身、育成チーム「レイア」所属=も子どもたちと交流した。

 チケットは県民特別料金で、当日券千円。学生は半額、中学生以下は無料。

このエントリーをはてなブックマークに追加