優勝を決め、笑顔でベンチに駆け寄る諸富北小クナイン=佐賀市のみどりの森県営球場

 高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球佐賀県大会(県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、日本マクドナルド協賛)最終日は2日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、諸富北小ク(佐賀市)が諸富南少年(同)を4-2で下し、13年ぶり8度目の優勝を飾った。

 3位以上の4チームが出席した表彰式では、県軟式野球連盟の古賀盛夫会長や佐賀新聞社の蕪竹真吾営業局長らが「結果に胸を張り、大きく羽ばたいてほしい」と選手たちの健闘をたたえ、メダルを授与した。

 優勝した諸富北小クは8月10日から東京で開かれる全国大会に出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加