岐阜県美濃加茂市の私立美濃加茂高校で、硬式野球部2年の男子生徒(16)が非常勤講師である男性コーチ(26)の指導で100メートルを約120本走らされ、重度の熱中症で救急搬送されたことが28日、学校への取材で分かった。生徒は集中治療室(ICU)で5日間治療を受けるなど1週間入院したが、後遺症はないとみられる。同校は生徒の両親に謝罪した上、「不適切な指導だった」としてコーチを無期限の指導停止とし、把握していた監督(33)も厳重注意処分とした。

 同校によると、16日午後1時ごろから、コーチが特別メニューとしてこの生徒だけに100メートルを100本走るよう命じた。約2時間かけて80本を走りきったところで、水分補給しているのを目撃し「今後は許可を取るように」と指示。さらに30本を追加した。生徒はその後、マネジャーの女子生徒の勧めで1回給水したが、120本以上走ったところで倒れた。2日前にあった試合の後、監督が話している最中に生徒がふざけた態度を取ったためとコーチは説明しているという。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加