事件解決に貢献、佐賀南署が4人1団体に感謝状 ニセ電話詐欺、窃盗など

 佐賀南署(川原義之署長)は19日、ニセ電話詐欺や窃盗の被疑者逮捕などに貢献したとして、青柳常美さん(93)=佐賀市白山1丁目=ら4人と1団体に感謝状を贈った。川原署長は「それぞれ状況は違うが、よく勇気を出して被害を防いでいただいた」と感謝した。

 ほかに感謝状を贈られたのは、佐賀市天祐郵便局の井手幸二郎局長(43)と同局員の鶴貴久子さん(58)=ともに佐賀市在住=、セブンイレブン佐賀城内2丁目店店員の千代田順子さん(46)=三養基郡みやき町白壁=、ブックオフ福岡株式会社ブックオフプラス佐賀南部バイパス店=井口猛店長(31)=の3人と1団体。

 青柳さんは6日、孫を名乗り「かばんを盗まれ、200万円必要になった」などと自宅に掛かってきた電話をニセ電話詐欺と疑い、県警の緊急対策チームと協力し、犯人逮捕に貢献した。

 青柳さんは元警察官で、日頃から所属する老人会で、ニセ電話詐欺の注意喚起を行っていたという。「準備はしていたが、まさか自宅に掛かってくるとは」と青柳さん。「犯人が逮捕されて良かった。捜査が進み、犯行グループ全員が捕まれば」とも話した。

 井手さんと鶴さんはニセ電話詐欺、千代田さんは架空請求詐欺の被害を未然に防ぎ、ブックオフプラス佐賀南部バイパス店では井口さんや従業員らが、万引した商品を売りきた窃盗容疑の被疑者を不審に思い、警察に通報、逮捕に貢献した。

このエントリーをはてなブックマークに追加