大分県警宇佐署員が警察官のスピード違反を見逃した問題で、中津簡裁は28日までに犯人隠避罪で、依願退職した男性元警察官(52)に罰金30万円、男性警察官(42)に罰金20万円の略式命令を出した。22日付。

 起訴状などによると、2人は5月26日、同県宇佐市の国道で交通違反の取り締まり中、反則切符の処理をせず見逃したとしている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加