第45回日本男子ソフトボール西日本リーグ第3節第1日は3日、北九州市のひびきコスモス運動場であり、ダイワアクト(佐賀市)は平林金属(岡山)を2-1、旭化成(宮崎)を5-4でそれぞれ破り、通算成績を7勝4敗とした。

 ダイワアクトは、平林金属戦は7回表に先制されたが、直後に古川恵士が逆転の2点本塁打を放ちサヨナラ勝ち。旭化成戦は九回延長タイブレークの末に競り勝った。

 第3節最終日は4日、同運動場であり、ダイワアクトは午前9時からNeo長崎と対戦する。

平林金属  0000001 |1

      0000002x|2

ダイワアクト

(平)松田-平本

(ダ)アンドリュー-ニコラス

▽本塁打 松田(平)古川(ダ)

▽二塁打 西山(平)

ダイワアクト

      1001000

旭化成   1001000

           12|5

           11|4

(延長九回特別ルール)

(ダ)アンドリュー-ニコラス

(旭)園田-夏田

▽三塁打 乘本(ダ)濱砂(旭)▽二塁打 古川、田中亮(ダ)

このエントリーをはてなブックマークに追加