男子7、8位決定戦・トヨタ紡織九州-湧永製薬 前半、相手シュートを止めたトヨタ紡織九州のGK下野隆雄(16)=山形県の東根市中央運動公園アリーナ

 高松宮記念杯第6回全日本ハンドボール選手権大会第4日は3日、山形県の東根市中央運動公園アリーナなどであり、県勢のトヨタ紡織九州は男子7、8位決定戦で湧永製薬(広島)を30-25で下し7位となった。

 トヨタ紡織九州は前半、RB松浦慶介を得点源に、GK下野隆雄が安定感を見せて18-13とリード。後半は一進一退の攻防の末、5点差を守り切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加