「ハブ入りハブ酒」を手にする琉球新報社の名嘉真智美さん=28日午後、福岡市

 全国の地方新聞社でつくる通販サイト「47CLUB」は28日、同サイトで販売中の逸品を選ぶ「こんなのあるんだ!大賞」の九州・沖縄ブロック予選を福岡市の西日本新聞社で開き、沖縄県の「ハブ入りハブ酒」(琉球新報社推薦)を1位に選んだ。10月16日に東京で開催する全国大会に出品する。

 選ばれた酒は、800ミリリットルの瓶に、ハブが丸ごと1匹入った商品。ハブを10年間漬けたアルコールと、クコの実やナツメなど13種類の薬草の入った泡盛を合わせて、瓶詰め。参加者は「臭みがなくおいしい」「健康そう」などと評価した。

 琉球新報社営業局の名嘉真智美(なかまさとみ)さんは「薬膳酒として毎日、飲んでほしい」と話している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加