ユニクロが新発売したストレッチジーンズなどのマタニティー衣料=28日、東京都中央区

■大型店中心に4商品

 ファーストリテイリング傘下のカジュアル衣料品店ユニクロは28日、マタニティー衣料の分野に参入すると発表し、大型店を中心とした約220店で4商品を発売した。これまでは専用の商品がなく、顧客の要望に応えた。品ぞろえの強化で、新規客の獲得も目指す。

 新商品のレギンスパンツとストレッチジーンズは、むくみやすい足元を締め付けないよう裾の幅を広めにするなど工夫した。レギンスやショーツにはよく伸びる素材を使い、締め付けずにフィットするようにした。価格はショーツが税抜き790円、ジーンズが3990円。

 ファーストリテイリングの中筋雅彦執行役員は発表会で「他の商品を代替して使っていただいていたが、研究を重ねて高品質で工夫を凝らした商品ができた」と話した。

 ユニクロはベビー用品の品ぞろえも拡充し、生まれたばかりの新生児に適した50~60センチサイズの肌着やよだれかけなど4商品を7月に発売している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加