台風12号の接近に備え、久保田健康センターには4世帯4人が自主避難した=佐賀市久保田町

 台風12号が九州に接近した4日、佐賀県内では農漁業者や自治体職員らが対応に追われた。5日未明から早朝にかけて台風が県内に上陸する恐れがあるため、有明海に面した佐賀市川副町や杵島郡白石町などでは、万が一に備えて住民が自主避難した。

 県災害情報連絡室のまとめによると、4日午後3時時点で、避難勧告や避難指示を出した市町はない。一方、佐賀市など2市3町の45世帯48人が地域の公民館や中学校などに自主的に避難している。

 このうち佐賀市久保田町の久保田保健センターには、近くの4世帯4人が避難した。中尾予伎子(よしこ)さん(82)は「朝9時すぎに自主避難受け入れの放送を聞き、知人と来た。被害がないことが一番」と無事を願った。

 県教委によると、5日は県内20市町のすべての小学校が臨時休校。中学校も、修学旅行の出発日で早朝に態度決定する江北町以外はすべて休校となる。公共交通では、全日空の5日午前6時35分佐賀発羽田行き452便の欠航が決まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加