■吃音(きつおん)考える機会に 主人公の悠太は言葉がうまく出ない「吃音」の悩(なや)みを抱えています。そのためあまり人と関(かか)わらないように過ごしてきました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加