県展デザイン部門で19人が入賞入選した有田工高の3年生=有田工高

 24日まで佐賀市の県立博物館・美術館で開催中の「佐賀県美術展覧会(県展)」デザイン部門で、有田町の有田工高デザイン科の3年生19人が入賞入選を果たした。生徒たちは「励まし合って夏休みにも制作を続けた成果が出た」と喜んでいる。

 同科でビジュアルデザインの授業を選択した生徒は毎年、県展に応募している。今回は31人が地元の名所や名産をポスターにして提出した。福本朱莉さん(17)=長崎県佐世保市、小川陽香さん(17)=嬉野市嬉野町、井河七瀬さん(18)=伊万里市=が入賞したほか、16人が入選した。

 大村湾のナマコを描いた福本さんは「夏休みも学校に集まり、作業したことはいい思い出になりそう」と振り返った。同科は3年間、全員が同じ教室で学ぶ。高校生活最後の大きな展覧会での好成績に「明るくて雰囲気がいいクラス。学園生活の集大成になった」と喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加