境内で勇壮な踊りを奉納する男衆=武雄市朝日町の磐井八幡社

 国重要無形民俗文化財の「武雄の荒踊」が23日、朝日町中野、西川登町高瀬(こうぜ)、東川登町宇土手(うとで)の3地区で奉納された。戦国時代の戦勝を祝った踊りが起源とされる伝承芸能で、前掛け姿に太刀を差した踊り手が勇壮に舞った。

 中野の荒踊は磐井八幡社に奉納された。小学生男子の荒踊、小学生女子の「銭太鼓」、成人女性の「綾竹」に続き、前掛け姿に太刀を差した男たちが登場。モッショ(猛将)と呼ばれる踊り手をカキ(兵士)が円になって取り囲み、笛や鉦(かね)、太鼓の音に乗って舞った。手を突き上げて天を突いたり、何かを招き入れるように優美に空を切ったり。もっと踊ってと願う「所望(しょもう)」の声も飛び、観衆から何度も拍手がわき起こった。

 保存会の諸岡道典会長は「100人を超える人が支えて、今年もいい荒踊になった。伝統を守ることができてよかった」と話した。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加