決勝・ひらまつ病院-三愛ロジスティクス 2回表に先制点を許し、顔をしかめる三愛ロジスティクスの先発山口将太(左)=三田川中央公園野球場

 10度目の県大会出場で初優勝まであと一歩と迫った三愛ロジスティクスは、王者・ひらまつ病院に1安打完封負けを喫した。エース山口将太が3失点で踏ん張ったものの、打線が振るわなかった。古賀文隆監督代行は「完敗ですね」と言葉少なに肩を落とした。

 県内の大会で何度も激闘を演じ、互いに手の内を知り尽くした相手。いつも通りに戦っても勝てないと打順を大幅に入れ替えて臨んだ。俊足3人を1番から順に並べたが、「(相手先発の)古舘さんがこれまで以上に良かった」と古賀監督代行。思った通りには機能しなかった。

 準決勝で2安打、決勝でチーム唯一の安打を放ち、敢闘賞に選ばれた中里宗平は「打線をつなげることをもっと意識していきたい」と意欲を見せていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加