移動編集局基山町・わがまちの逸品■「基峰鶴 純米吟醸山田錦」

 明治初期創業以来、基山(きざん)から湧き出る伏流水と豊かな自然の恵みをいかした酒造りを続けている基山商店。今年はフランスで初開催の日本酒品評会で「基峰鶴 純米吟醸山田錦」がベスト5に選ばれるなど、近年国内外で評価を高めている。

 同銘柄は柔らかく、優しいうまみがあり、食事とともに楽しめる。昨年からフランスの市場に輸出しており、杜氏(とうじ)で同社専務の小森賢一郎さん(38)は「格式の高いレストランなどに置いていただいている。町の方に胸を張ってもらえるような酒造りを続けたい」と話す。

 720ミリリットル入り1550円、1.8リットル入り3100円(いずれも税別)。電話0942(92)2300。

このエントリーをはてなブックマークに追加