鶴俊之審判長

■佐賀国体へ裾野広げて

 肥前9連覇に注目が集まった今大会。勝ち点・星数が同じで迎えた優勝決定戦で肥前に軍配が上がったが、脅かす存在として浜玉が着実に力を付けている印象を受けた。個人戦も優勝決定戦となり、ハイレベルな熱戦で大会を盛り上げてくれた。ただ、団体2チーム、個人戦でも欠場が目立っているのは残念だ。監督の選手集めの苦労を感じながらも、来年の記念すべき70回大会・2023年の佐賀国体に向けて子どもたちに相撲に触れる機会を与えて、裾野を広げていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加