三重県立図書館は5日、所蔵している県内小中学校の学校史6冊の一部が切り取られていたと発表した。岐阜や愛知、福井の各県でも同様の被害が確認されている。図書館は同日、被害届を提出。県警が器物損壊容疑で捜査している。

 県立図書館によると、被害があったのは所蔵する学校史計約350冊のうち、1976~2008年に発行された6冊。集合写真などが掲載されている計46ページが刃物で切り取られていた。他県での被害を受け、本を調べていた職員が見つけた。学校史は自由に閲覧できる「地域資料コーナー」にあり、職員が常駐していたという。

 同図書館は「何が目的か、見当がつかない。非常に残念だ」と話した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加