■2強に迫る躍進

 9年連続で3位以内に入る強豪・鎮西Aが、今年も勢いの良さを発揮して2強と勝ち点で並び、混戦となった団体戦をにぎわせた。

 古舘祐輔監督が「坂井の前に出る相撲がチームに勢いを与えてくれた」と話す通り、2位となった浜玉には先鋒の坂井健吾が果敢に前に攻め込み、はたきこみを決めてチームとしての金星を呼び込んだ。

 勝ち点で肥前A、浜玉に並ぶ躍進ぶりだったが、3位は今年で3年連続。この壁を破るには「あとは練習量の差」と古舘監督。「常に前に出る意識で取り組めば、技術もおのずとついてくる」と平成初の栄冠に向けて奮起を促した。

このエントリーをはてなブックマークに追加