個人戦は身長168センチ、体重70キロの池田伊織(肥前B)が、鮮やかな「居反り」で3勝し、会場を沸かせた。相手の懐に潜り込み、後ろに反って返す技で、大相撲の幕内では平成以降は出ていない珍しい決まり手。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加