秋丸政光小城市消防団長(右)に宣誓文を読み上げる牛津分団機能別消防団員代表の江口安則さん=小城市の牛津公民館

 小城市牛津町の消防団OBで構成する同町の機能別消防団の発足式が2日、牛津公民館で開かれ、小城市消防団の秋丸政光団長から、一人一人に辞令が渡された。活動は主に昼間の火事の消防に当たる。江里口秀次市長から「団員の平均年齢は60歳を超えているが、消防経験は豊富で期待している」との激励を受けた。

 小城市の消防団員は、市外勤務が多く、昼火事の対応に人数確保が難しいことから、これまで市役所の団員OBを再結成させるなど、機能別消防団の結成は2例目。自営業者など同町在住のOB38人が辞令交付を受け、同町の管轄内で消火活動に当たる。

 秋丸団長は「住民の生命と財産を守るため再び消防団活動に参加することになったが、無理をしないように活動してほしい」と話し「一度は全体訓練をしてほしい」と訓辞した。消防団を代表して江口安則さんが「良心にしたがって消防の義務を遂行したい」と宣誓した。

このエントリーをはてなブックマークに追加