会員の連携、協力を呼び掛ける県婦人連絡協議会の三苫紀美子会長=佐賀市のロイヤルチェスター佐賀

 県婦人連絡協議会(三苫紀美子会長)の創立70周年記念大会が3日、佐賀市のロイヤルチェスター佐賀で開かれた。県内の会員約350人が出席し、「地域の核となる婦人会組織力の向上」をテーマに、講演や懇親会を通して連携や親睦を深めた。

 冒頭、三苫会長が「高齢社会が進行する中、子供や高齢者にも優しい佐賀になるよう気配り目配りし、協力して地域づくりに貢献していきましょう」とあいさつ。来賓の山口祥義知事は「男女共同参画社会のニーズが高まりつつある時代の流れを踏まえ、これからの佐賀をどんな社会にしていくか考えてほしい」とエールを送った。また、交流のある北方領土の島民をゲストに迎えた語る会もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加