しっかりした足取りでゴールを目指す「よちよち」部門の子どもたち=小城市のゆめぷらっと小城

ゴールで待つ保護者のもとへ一斉にスタートする「ハイハイ」部門の子どもたち=小城市のゆめぷらっと小城

 佐賀新聞社は5日、ママとパパと杯「ハイハイよちよちレース」を開いた。子育てイベント「ママとパパと」の一環で、約100人の子どもたちが力走。ハイハイの部では惜しくも2位だったものの3往復もハイハイして見せる子やむなしくスタートから動かなかった子も見られた。よちよちの部では障害物に見向きもせず一気にお母さんのもとへ突っ走る選手が続出、中にはゴール一歩手前で止まってしまい時間切れとなる子も見られ、会場を大いに盛り上げた。レースの模様は後日、佐賀新聞のウェブサイトで動画配信する。

このエントリーをはてなブックマークに追加