5日未明に長崎市付近に上陸した台風12号は午前3時すぎ、嬉野市や唐津市を通過し、山口県の西海上を北上した後、午前9時に熱帯低気圧に変わった。

 佐賀地方気象台によると、台風は上陸後、勢力を維持する水蒸気を十分に補給できなくなり、急激に勢力が弱まったという。

 佐賀県によると、県内では4日夜から翌5日朝にかけて、9市7町の306世帯370人が公民館などに一時的に自主避難した。

 県教育委員会などによると、県内全ての市町立小学校が臨時休校した。中学では江北中(杵島郡江北町)と香楠中(鳥栖市)以外は休校になった。佐賀大学附属小・中学校は通常通り登校した。

このエントリーをはてなブックマークに追加