「切り替えてやっていくしかない」。谷口博之に話を聞いた時、決まって聞かれるフレーズ。変えられない過去の結果を考えるのではなく、視線は常に前を向いている。谷口らしさが表れている言葉だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加