えびす像の前で神楽奉納が行われたとんさんえびす祭り=佐賀市の松原恵比須社

 佐賀市の松原神社内にある松原恵比須社でえびす像の鎮座を記念する「とんさんえびす祭り」が、3日と4日の両日に開かれた。商売繁盛や家内安全の神であるえびす様にあやかろうと多数の来場者でにぎわった。

 4日には、今年で12回目を迎える鎮座記念祭があり、高さ約3メートルの巨大なえびす像を前に祝詞奏上や、みこによる神楽などがあった。境内では、塗り絵大会の表彰やラジオ局の生中継、えびす様にちなんでタイの模型を釣る「開運タイ釣りみくじ」などがあった。おみくじを楽しんだ大牟田市の甲木(かつき)正孝さん(70)は「中吉で今年はいい1年になりそう」と笑顔で語った。

 巨大なえびす像は市内に多数あるえびす様のシンボルとして、鍋島家の子孫の寄付で2005年に建立された。殿様を佐賀弁で「とんさん」と言うことから「とんさんえびす」と名付けられ、毎年神事などが行われている。

このエントリーをはてなブックマークに追加