安全大会に参加した取引業者ら=佐賀市のミサワホーム佐賀

 ミサワホーム佐賀(佐賀市、原正文社長)の第27回安全大会が6月28日、同社であった。関係者ら約60社90人が講演などを通して安全確保の重要性を再確認した。

 ミサワホーム設計施工統括部の井上智人課長が「ヒューマンエラー再考」と題して講演した。全国で脚立からの転落事故が増えているデータなどを示し、足元を再度確認し、事故ゼロを目指すよう呼び掛けた。

 大会は7月1日から始まる安全週間を前に毎年開いている。協力会の取引会社の安全表彰などもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加