台風3号は長崎上陸、大荒れに

 台風3号は4日午前、長崎市付近に上陸し九州を横断。愛媛県宇和島市付近に再上陸した。西日本は大荒れの天気となった。台風に伴う湿った空気が梅雨前線の活動を活発化させ、北陸などでも激しい雨が降った。

 台風3号は本州や四国に沿って東北東に進む見通しで、西日本から東北で局地的に猛烈な雨が降る可能性がある。気象庁は土砂災害や浸水、河川の氾濫や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、長崎県雲仙市では午前9時10分ごろ、最大瞬間風速42・1メートルを観測した。熊本県阿蘇市で1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、長崎市や雲仙市でも1時間雨量が50ミリを超えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加